免疫療法を行なっている病院は少ない┃インターネットで探す

医者

小児における脳の腫瘍

看護師と患者

脳腫瘍は小児の悪性腫瘍のなかで白血病に次いで多いです。成人の場合は肺がんや乳がんなどによる転移性が多いですが、小児では原発性の脳腫瘍が殆どです。2〜7さいの小児の脳腫瘍はテント下、なかでも小脳に発生することが多いです。

Read

脳の血管の病気の対策

手術室

脳動静脈奇形は先天性の脳の血管の異常で、破裂の恐れがあり、破裂すれば脳出血、くも膜下出血となります。破裂は無自覚のまま、いきなり発生してしまうことが多いので、脳の検査を受けることが重要です。未破裂の脳動静脈奇形の治療は難しい面がありますので、専門性が高く、実績も豊富な医療機関を受診するべきです。

Read

腸が別の場所へ

医療機器

鼠径ヘルニアは胃の部分にある腸などの一部が、太ももなどに移ってしまう病気のことです。基本的には手術で治療することになります。最近では痛みを和らげるための工夫もされています。手術前には医師から説明を受けてください。

Read

がん治療の第四の療法とは

手

家族の中でがんと診断された方がいらっしゃると、治療が長引いたり、なかなか治療の成果が現れなかったり、本人が苦しんでいたりすると、なんとかして治してあげたい、苦しみから救ってあげたい、そのような思いでいろいろな治療法を探ったりするのではないでしょうか。既存の治療法は、手術や抗がん剤、放射線によるものが一般的ですが、今、免疫療法という治療法が注目されています。元々体に備わっている免疫力を活用してがんと戦っていくという治療法なのです。この治療法はがんの種類やがんのステージなどに関わらず、広い範囲で対象となるそうです。この免疫療法を取り扱っている病院は多くはありませんが、インターネット上で検索しますと、見つけることができます。

免疫療法は、患者本人の血液成分から免疫細胞を作り出し、再び投与するという方法で行われます。患者本人の細胞を使用するため、拒絶反応や副作用は少なく体に負担がかからない治療法といえます。この免疫療法を扱っている病院では、この免疫療法に関するパンフレットを請求することができたり、がん免疫療法に関する無料の相談会を行なっていたりと、どのような治療法なのか詳しく知りたいと思っている患者様やご家族に対して、治療法を周知してもらうサービスをいろいろと行っているようです。またその病院のホームページでは、特に心配である治療の流れや費用なども詳しく説明していますので、まずは病院のサイトをじっくりと読んでいただくと、大まかな中身や流れなどがわかります。